★ゲーム評論★

自分の人生の中でのゲーム事情

筆者は40代の中年です。しかし日本のゲームの歴史をすべて見てきた世代なんですよね。
幼少の頃にゲーム機が登場し、どの駅にもゲームセンターが出来、シューティング・レースゲーム・テーブルゲーム。もちろんインベーダーゲームに少ないお小遣いをはたいて夢中になっていました。
小学生の頃にパソコンが登場し始め、DOSゲームをやっている友達を羨ましく思っていた頃に、テレビにつなぐと遊べるブロック崩しが我が家に来た時の嬉しさは格別でした。
ニンテンドーのゲームウォッチにもしっかりはまりました。中学生時代にはファミコンが登場。高校生活中はファミコンに没頭し、アルバイトで稼いだお金をほとんどゲームソフトに使っていましたね。
接触が悪く差し込み口をふ〜ふ〜っと吹いて、ゴミを取ってちゃんと動くようにしてました。アーケードゲームも全盛期でデートにゲームセンターに行くことも多々ありました。
今のような豪華なものではないけれど、コインゲームにもはまっていました。
そして、あのゲームが登場です。ドラクエですね。すべてのゲームの原型となるゲームに夢中になっていました。実は筆者はドラクエもやっていましたが、ゼルダの伝説が好きでしたね。世界観が好きだったと言うべきでしょう。
他のゲームが面白く思えなくなった瞬間でもありました。ドラクエと比べたら他のゲームは全部クソゲーに思えてしまうんですよね。そのご、これも名作ファイナルファンタジーが登場です。しかしすでに大学生になっていたので、さすがに時間の重要性などを考えるようになり、ファイナルファンタジーは一作も遊んでいないんですよね。周りではみんな家に引きこもり、誰が最短でクリアするかといった競争をしていたように思います。そこから数年はゲームから離れることになるのですが、またまたニンテンドーにやられてしまうんです。そうです。ポケモンです。たぶん当初任天堂は子供向けにポケモンをリリースしたんだと思いますが、すでに大人になっている人でしたが、やりたくてたまらなくなってしまったんですよね。子供たちに混ざって、ポケモンのソフトを買っていました。ここまでが、自分の人生でニンテンドーが頑張っていた時代です。
そこからはプレーステーションに移行しました。さすがに仕事をしながらゲームにべったりとはいかず、遊んだタイトル数は少ないのですが、プレーステーションを最初に遊んだ時の感動は忘れられません。
映像の綺麗さ、速度の速さ。ゲームセンターが家に来ちゃったっと思ったくらいです。
最近も遊ぶのはプレーステーションです。プレステ4が発売され、欲しくてたまらないのですが、正直遊ぶ時間がありません。仕事の都合もそうですが、オンラインゲーム・スマホのゲーム・その他インターネット経由で楽しめるものが多すぎで、買ったとしても遊べないだろうと言う事になっているんです。
数年前、ソフトバンクの孫さんが言っていました。これからは人の時間の奪い合いだ!本当にそうだと思います。テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・本など今までのメディア